ANTIQUE

Navigation Menu
★NEWS★

K.Mの使命。

Posted by on 2014年3月1日 in BLOG | 0 comments

Pocket

おはようございます!ヽ(゚∀゚)ノ

名古屋市天白区「平針駅」より徒歩2分のプライベートダイエット&リラックスサロン【ANTIQUE】、看板娘のK.Mです♪

あ、スタッフはわたくしK.Mひとりですが。( ´艸`)笑

本日サロンは定休日ですが、週末DJのお仕事まで少し時間があるのでブログ更新したいと思います☆

 

昨日、とある業者の方と新たな出逢いを果たし、いろいろと打合せをさせていただきました。

過去のブログをお読みになってご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、わたくしサラリーマン時代に長らく営業職をやっており、新たな人との出逢いが大好物♪ww

昨日はワクワクするようなお話しが盛りだくさんで楽しかったです!
そのワクワクをお客様にも味わっていただけるよう、現在いろいろと検討中ですのでご期待ください❤

 

ところで、”営業歴が長い”なんて言うと「サロンで何か売りつけられるんじゃないか…」と心配される方もいらっしゃるかもしれないので、今日のブログではわたくしK.Mがどんな営業マンだったかをお話ししたいと思います。

 

わたしが長いこと携わっていたのは出版・広告業界ですが、営業という立場で言うと扱う商品が違うだけで他業種とさほど差はないかと思います。
まぁもちろん、扱う商品の価格や認知度、その他もろもろの違いから難易度の差はあると思いますが…

もともと新卒で入社した会社ではWebプログラマーやシステムエンジニアをやっていて、クライアントとの商談も経験済みだったのですが、広告代理店の営業に転身して最初の仕事は電話帳の上から順番に片っ端から電話をかける新規営業で、メンタル面で少々ツラかった覚えがあります。。

でも当時のわたしは、とにかく”数字”という結果を出すことを目標に、毎日仕事をしていました。

もちろん、営業マンは”数字”という形で結果を出さなければ評価されません。
どんなに努力しても”数字”が上がらなければ仕事をしてないのと同じ、と上司にもよく言われました。
だから若かりし頃の素直で(?)未熟なわたしは、最終目標が「売上」になっていたと思います。

 

ある時、いつものように誌面の空き枠を埋めようと、電話で新規営業をかけました。
営業相手は、ライバル雑誌に毎回掲載されていたスペインレストラン。

予想通りライバル誌と年間契約をしているということで、あっという間に断られて終わり…のはずでした。

ところが、オーナーから投げかけられたちょっとした質問にお答えしたことをキッカケに話がどんどん盛り上がり、一度お会いする時間をいただくことができました。

結局「一度載せてみようか!」と仰っていただき、そこからお付き合いがスタート。
気づけば、2店舗目を出すための立地についての相談を受けたり、テナント候補を一緒に吟味したり、メニューについて意見を求められたりなど、お店の繁栄を左右するような内容を相談してくださるまでの関係になっていました。

 

いつの間にかわたしの目標は”数字”ではなく、【クライアントが幸せになれること】に変わっていました。

売上や数字は、”クライアントが幸せになった結果”である。
少なくともわたしの長い営業経験では、例外は見当たらないような気がします。

 

美容業界に転身した今も、その考え方は変わっていません。

わたしのようなセラピスト・アドバイザーも営業と同じ。
“お客様が幸せになる”という結果を追求することが使命だと思って、日々お客様と向き合っている所存でございます。m(_ _)m

 

このホームページ内で「無理な勧誘や商品の売りつけは一切いたしません」と書いていますが、なんか胡散臭いなぁ〜と思われる方もいらっしゃるでしょう。
プライベートサロンだし怖いな…という思いを持たれるのも当然だと思います。

でもその言葉の真意はこの記事で述べた内容であり、少しでもご理解いただけたら嬉しいな!と思うわけです♪

 

久しぶりに暑苦しい記事を書いてしまいました。
今後の肩書きは”ANTIQUEの暑苦しい看板娘、K.M”にしようかしら❤( ,,>з<)プッ

 

ということですが、ANTIQUEは本日は定休日です。

ご予約・お問い合わせ等はホームページからご連絡いただくか(→お問い合わせフォーム)、お電話(052-747-1905)の留守番電話にお願いいたします。m(_ _)m

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>